読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もたない暮らし、つくる暮らし

モノが少ないから工夫出来る!モノが少ないから楽しめる!衣食住、満喫しよう!

本だけはミニマムになれない!?

 

昔の私は、読書が大の苦手でした。

でも、子供は大の読書好き。

以前も書かせて頂きましたが、子は親の背中を見て育つように親も子の背中を見て育ちます。

 

mono-mono-satomo.hatenadiary.jp

 

あまりにも楽しそうに読書をする我が子に、私も『読んでみようかな』と読み始めたら、読書はいろいろ知識を吸収でき面白い!とこの年になって思い始めています。

 

f:id:mono-mono-satomo:20160406062949j:plain

 

今とても深々と読み進めている本です。『一流の育て方』

とても興味深い内容で、子育てについて改めて考えさせられます。この本に載っているような一流エリートの子供に育って欲しい訳ではありませんが、子供が自分で自分の道を決め進んで欲しい気持ちは、同じです。

 

子供は、子供の人生です。私達親の人生では、ありません。

だからこそ、失敗しても後悔しても自分で自分の道を決めて欲しいと思っています。

親が決めた道を進み失敗したら親を恨みますよね。そんな恨みを心に抱えて生きるより、失敗しても自分で修正し、また新たに道を進んで欲しいのです。勿論、アドバイスやフォローの支えは、しっかりしていきます。

 

そんな気持ちを確認出来る本です。

 

子供は、NHKで放送されている『真田丸』に夢中です。とにかく歴史大好き。このシリーズの本は、すべて揃えました。

本は、借りるもの!と思っていましたが、夫は全く逆。とにかく、いつでも手に取れるように本は、買う!

初めは本を何冊も何冊も買うことに抵抗がありましたが、子供は、何度も何度も歴史の本を読みます。欲しい本がすぐそばにある事で子供の好奇心は、増すばかりです。夫の言うように買ってよかったと今は、思います。

 

それぞれの家庭の教育方針があるように、いろいろな方法があって良いのですよね。

 

 

f:id:mono-mono-satomo:20160406063422j:plain

  

 このIKEAの本棚に入りきらないほどの本になりました。

(私は、白ではなくナチュラル色です)

 

子供の好奇心は、何にも代えがたい大切な心。これからも本だけはミニマムではなくマキシマムで暮らして生きたいです。