読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もたない暮らし、つくる暮らし

モノが少ないから工夫出来る!モノが少ないから楽しめる!衣食住、満喫しよう!

ミニマムな生活で必要な家事スイッチの入れ方

 

私は以前、家事に取り掛かりまで時間が掛かりました。

(今でも少し時間が掛かる時がありますが…)

『コーヒー飲んでから…』

『お水を飲んでお庭を眺めてから…』と。

なかなか家事スイッチが入りません。

 

これではダメだ!といろいろな方法を試して見ました。

・冷たい水で顔を洗ってから

(でも、お化粧をしていると出来ない)

・お庭を眺めるついでに窓を開けてシャキッとしてから

・歯を磨いてから

などなど…でも、なかなかスイッチが入らないのです。

 

どうしたら良いかなぁと悩んでいた時…

たまたま近所のお母さんと立ち話をしていたら、そのお母さんが素敵なエプロンをしていました。

『あっ!エプロンだぁ!』と単純な私ですが、やはり主婦です。ピン!ときました。

 

エプロンは、家事をする上で必要ですよね。

でも、それまでエプロンを持っていてもしていませんでした。

 

私の大好きなエプロンです。1枚しかなかったので、ダブルガーゼの生地で全く同じ形のエプロンを作り今は2枚を交互に使っています。

確かにエプロンをすると、主婦・お母さんになるような気がします。

形から入るタイプでもあるのですが、私はエプロンをすると家事スイッチが入ります。

 

 

 

人それぞれ家事スイッチがあると思いますが、どんな形でも自分が気持ち良く家事が出来るスイッチを見つけられたら嬉しいですよね。

 

スイッチが入れば、家がスッキリ片付き、美味しいご飯の支度もゆっくり出来ます。『母の味』。ご飯は勿論、家の空気感も『母の味』が身につくまで、まだまだ時間が掛かりそうですが、ゆっくり私の母の味を作っていきたいです。 

 

f:id:mono-mono-satomo:20160329150943j:plain

 

FOG(フォグリネン) リネンフルエプロン ナチュラルN

FOG(フォグリネン) リネンフルエプロン ナチュラルN