読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もたない暮らし、つくる暮らし

モノが少ないから工夫出来る!モノが少ないから楽しめる!衣食住、満喫しよう!

そろそろ初夏支度始めます。

 

桜も終わりが近づいて来ましたね。

桜が散り始める頃から梅雨前まで時間を見つけては、冬の洋服の手入れをします。

 

f:id:mono-mono-satomo:20160413083343j:plain

 

去年買った「毛玉取り器」

今までは、毛玉取り用のブラシでお手入れをしていましたが…ずぼらなところが大ありな私は、ブラシを掛けているだけで腕が疲れてしまって(運動不足&おばさんです)時間ばかり掛かっていたので電動を買いました。

ものすごく快適です。

ちょっと毛玉が気になる時にササッと毛玉を取ることが出来ます。

 

もちろん丁寧なお手入れが必要な洋服は、従来通りブラシで毛玉を取ります。

 

機械に頼ることなく自分の手で感じを確かめながらお手入れすることが本当は、一番だと思います。でも、頼れるところは頼り、自分で出来ることは自分で…生活にも自分にもバランスが大切ですね。

 

洋服を整理してから衣替えをしなくなりました。

でも、梅雨前や冬のコートを出す際にタンスの中身を出して水ぶきをします。クローゼットも換気をします。そのついでに

・見落として着忘れしている服はないか?

・これからのシーズンにきちんと着れるか?

・買い足さなくてはいけない服はないか?

とチェックをしてリストアップします。

 

でも、以前のような大掛かりな作業はなく、1~2時間程度で済むようになりました。

 

こんまりさん流のときめくお気に入りだけの服。ときめくといってもシンプルで定番で長く着れるだけしか残っていませんが、着るとホッとします。自分で居られます。

 

 

今流行の服を着たいと思うことは多々ありますが、果たして私に似合うの?と考えるようになりました。

シンプルで定番の服ですが、ちょっとした工夫でおしゃれを楽しめるようになりました。定番だからこそ工夫しやすいのかも知れません。「それが私なんだよね。」と思えるよになったことは、ミニマム生活を始めての大きな成長です。